きまぐれアン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 酷暑が続きますね〜

<<   作成日時 : 2018/08/01 10:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


台風も去って、再びの猛暑。。。
今年の夏は本当に暑いですね〜〜〜
連日の酷暑に、当院スタッフ・さとー家のちゃー氏も冷え冷えマットの上でぐったりです。。。

尋常ではない暑さが続き、人間の方も命の危険を感じますが、ついつい忘れてしまいがちなペットの熱中症対策についてお話ししようと思います。

熱中症という言葉がだいぶ浸透し、みなさん夏場の温度管理についてはご自分の体調管理を含めて気を遣われるようになったかと思います。
人間が熱中症になるように、動物も熱中症になります。
ペットがいるお部屋の温度と湿度の上昇に気を付けましょう

ワンちゃんはどちらかというと暑さに弱いので、お部屋の中でハアハアと開口呼吸しているようでしたら室温を下げていただけたら良いかと思います。
一方ネコちゃんは、暑さ・・・というよりは寒さの方が苦手です。
とは言っても、室温が高温になれば熱中症になります。
エアコンをつけるのであれば、少し高めの温度設定(28〜29℃)にするか、その温度では飼主さんが耐えられない!!ということで温度を下げるのであれば、直接風が当たらないように隠れる場所や毛布などを置いてあげましょう。
温度を高めに設定するときは、湿度の上昇にも気を付けてくださいね

おさんぽが大好きなワンちゃん…
さすがに昼間や暑い時間帯には行ってませんよね…??
ワンちゃん達が歩くところは私たちよりも断然地面に近いので、気温+路面からの照り返しをうけてものすごく高温に…
熱中症以外にも肉球が焼けてしまうことがありますので、お散歩は早朝か夜に行きましょう。

最後に、意外と忘れてしまいがちなのが、キャリーケースでの移動時の熱中症です。
キャリーケースやキャリーバッグは、布製やプラスチック製のものがありますが、「メッシュになっているから〜」と思っても、意外と中に熱がこもるんです!
お外を移動中、診察を待っている間など、飼い主さんが気づきにくいタイミングで熱中症になりかけていることが意外と多いんです
特に最近便利で人気の、リュックタイプのキャリーバッグは飼主さんの背中に背負われていると非常に気づきにくいです。
キャリーに入れる際には、かならず保冷剤をタオルで巻いたものを一緒に入れてあげましょう


熱中症は、なってしまうと重篤化することが多く、最悪亡くなってしまうこともあります。
飼主さんも、ペットも熱中症対策をして、今年のあつーーーい夏を無事に乗り切りましょう


以上、酒井でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
酷暑が続きますね〜 きまぐれアン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる